優良な白蟻駆除業者を探すには「悪徳業者」を知るのが一番

悪徳業者の発見方法と対処法を知ってから白蟻駆除へ

もしも悪徳業者に騙されてしまったらどうしたらいいのか?

悪徳業者に白蟻駆除を依頼してしまった、もしかしたら、騙されてしまったのかな?と感じたら、私たち消費者はどのような対策を講じたらよいのでしょうか。悪徳業者に騙されないため、白蟻の再発を防ぐための対策方法をご紹介します。

悪徳白蟻駆除業者に騙されても泣き寝入りしない!

まずはクーリングオフを利用

白蟻駆除の工事は特定商取引法の「訪問販売」に当たりますので、クーリングオフの適用対象となります。工事が完了している場合でも、契約書面の交付から8日以内であればクーリングオフを申し立てることができます。見積もりに疑問を感じる、ネット検索したら不穏な口コミが多く見られた、営業担当者に執拗に迫られ契約をしてしまったという場合でも大丈夫です。騙されたと感じた場合、まずは消費生活センターや市町村役場に設けられた消費者窓口などを訪ねて相談をしましょう。施工後、費用を払ってしまった場合は特に早急な手続きが必要です。

場合によっては消費者センターや弁護士に相談

「もう、施工が完了し代金も領収したんだからクーリングオフは適用されないよ」「逆に代金未納・名誉棄損で訴えます」などという業者の対応も出てくるはずです。悪徳業者の度合いが高いほどこのような反論を持ちこむのが常です。このようにトラブルに発展してしまった場合は、見積書・作業報告書・領収証などの書類を一式用意することと、現況写真などを準備して消費者センターや弁護士に相談しましょう。内容証明郵便の発送を行ない再度クーリングオフに応じるよう求めることもできます。また、業者の対抗に対応するための手立てを見つけることができます。

腕を組む業者

悪徳とされる白蟻駆除業者がいなくなることがベストですが、そう都合よく回らないのが世間の常です。私たち消費者が白蟻や白蟻駆除に関する知識を身に付け、悪徳業者と契約しないためのスキルを得ることが回避への近道であることを覚えておきましょう。

TOPボタン